二回表を終えて0-7。球界を代表するエースに成長した大谷翔平(岩手・花巻東高出)が相手では、東北楽天はもはや逆転勝利が絶望的な状況に陥った。「せめて1点でも取って」。最後まで応援したファンが気の毒に...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)