利き足とは逆の左足を振り抜いた。前半37分、仙台・金久保のシュートは光線銃のような弾道で新潟のゴールネットを揺らした。「最近、前にいる選手の得点が少なく悔しかった」。この先制弾を機にチームは今季最多...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)