磐田の失点は後半43分。敵地で首位の川崎から勝ち点1を奪うまで、残り5分を切っていた。「あそこまで耐えていた。勝てなくても0―0で終われたら『良くやった』と言えたかもしれない」と大井。好守を連発した...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)