鳥栖は最後まで守備の集中を保ち、浦和を無得点に抑えて引き分けた。  前半立ち上がりから守備時には5バックの布陣を敷き、DF谷口を軸に守りを固めた。浦和にスペースを与えず、攻撃の形をつくらせなかった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)