サンゴ礁に囲まれた鹿児島県・奄美大島の沿岸で、今年もサンゴの産卵が確認された。精子と卵子が入った直径0・5ミリほどのカプセルが一斉に放出され、海がピンク色で彩られた。産卵はサンゴの種類によって時期が異...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)