大学野球の東海地区春季選手権は28日、浜松市の浜松球場で行われ、中京院大が2連勝し、悲願の全日本選手権(6月6日から、神宮ほか)への初出場を決めた。  全国選手権切符を懸けて岐阜、静岡、三重の各県...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)