十メートル先のボールがよく見えない弱視の子どもは、周りに声を掛けてもらいながらプレーする。肢体不自由で早く走れない子は、ゆっくりしたドリブルで相手を引き付けてから、パスを出す。  「みんな欠点はあ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)