ブナの葉が重なる緑の天井が、日差しを受け輝きを増した。世界自然遺産・白神山地の懐、西目屋村の「世界遺産の径(みち) ブナ林散策道」。足を踏み入れると、初夏を感じさせる暑さが、ふっと和らいだ。  「少...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)