26日、石巻市民球場で準決勝が行われ、東陵が仙台育英を3-2で破って決勝に進出するとともに、4年ぶり8度目の東北大会出場を決めた。  東陵は一回、連打で築いた2死一、二塁から伊藤の中前打で1点を先制...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)