鳥取商工会議所(藤縄匡伸会頭)が観光交流のシンボルとして設置を計画している「日本一の砂時計」の4分の1スケール試作機が完成し、25日に鳥取市本町3丁目の鳥取商議所ビル1階ロビーで公開された。市民からの...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)