人口規模の近い自治体同士が住民の参加率を競う全国一斉のスポーツイベント「チャレンジデー」に初参加した下関市(人口約27万人)は25日、2回目の参加となる秋田市(同約31万人)と対戦。下関市は初勝利と...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)