京都府大山崎町は、2020年の東京五輪・パラリンピックの選手を迎え入れる「ホストタウン」の2次登録を目指している。1次登録で選ばれなかった反省を踏まえ、大山崎山荘を建てた大正―昭和の実業家・加賀正太...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)