滋賀県の次世代アスリート発掘育成事業を修了した「滋賀レイキッズ」の1期生36人のうち9人が中学で新たな競技を選び、チャレンジしている。部活動がないなどの理由で競技団体が受け入れ先となり、高校や県の施...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)