東北楽天打線は転がり込んできた再三の好機を生かせず、1得点止まり。梨田昌孝監督が「4、5点は取れた」と振り返る拙攻で、西武・佐藤勇のプロ初勝利の引き立て役を担ってしまった。  悔やまれるのは2点を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)