春季高校宮城県大会は24日、石巻市民球場で準々決勝があり、東北が延長十回に適時打を放ち、仙台商に7-6でサヨナラ勝ちした。  東北は5-6の六回1死三塁から杉沢の右前適時打で追い付くと、延長十回2死...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)