東北楽天で、3番に座った選手の調子がなぜか上がらない「3番の呪縛」が深刻だ。22日までの6連敗中に3番に座った今江、島内、銀次の打撃成績は計25打数でわずか2安打の打率8分。4番と並ぶ得点源の役割を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)