6点を追う最終回、磐城打線が光南投手陣に襲いかかった。「流れは必ず来る。その時が勝負」と信じていた4番草野隼人(3年)は1死満塁から右前適時打。「絶対に(走者を)かえしたかった」。主砲の意地の一打だ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)