長崎の原爆投下時に爆心地から半径12キロ以内にいたが、国が定めた被爆地域外だったため被爆者と認められない「被爆体験者」が起こした集団訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は23日、一審同様、被爆者とは認めず、原...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)