2020年東京五輪招致の不正疑惑で、シンガポールのコンサルタント会社との契約に自身がサインしたことを認めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は23日、東...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)