2020年東京五輪招致を巡る疑惑で、招致委員会で理事長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は23日、招致委が2億円超を支払ったシンガポールのコンサ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)