伊東の優勝が決まった瞬間、殊勲者の元に仲間が駆け寄った。バドミントン男子団体決勝。2―1で迎えた第2シングルス(単)の福田が意地を見せ、チームを4年ぶりの頂点に導いた。  福田の相手は、東部地区個人...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)