高校相撲の“遠藤二世”、金沢学院・佐藤淳史選手(三年)が二十二日、石川県金沢市の県卯辰山相撲場で開かれた金沢大会の個人戦で三位に終わり、悔し涙を流した。大会終了後、「気持ちを切り替え、県高校総体に臨...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)