大相撲夏場所千秋楽の二十二日、上松町出身で西前頭八枚目の御嶽(みたけ)海(本名・大道久司、出羽海部屋)は、東前頭十三枚目の大翔丸と対戦。初の敢闘賞が懸かった一番だったが、落ち着いて寄り切り、十一勝四...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)