「先発組を脅かしたかった。結果を残せて良かった」。昨季仙台の年間MVPに輝いた奥埜は、この日を含め直近のリーグ戦3試合は全て途中出場。胸に秘めた悔しさが、敵地でも負けられない一戦に勝利をもたらした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)