「下を向かず、前向きにいかないと」。試合前、自らに言い聞かせるように話した梨田監督だったが、チームは攻守ともに精彩を欠き5連敗を喫した。  ターニングポイントは1-2の五回だった。粘投していた先発レ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)