弘前市の弘前医療福祉大学(下田肇学長)の救急救命学科と看護学科の3年生計57人が21日、地震による列車脱線事故で傷病者が出たという想定の合同野外救護演習を行った。傷病者役の学生が特殊メークで傷口を表...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)