第63回春季東海地区高校野球大会は20日、長良川球場などで開幕し、1回戦4試合を行った。2年ぶり27度目出場の県岐阜商(県1位)が愛産大三河(愛知2位)に2-1のサヨナラ勝ちし、準決勝に進出。24年...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)