札幌ドームのファウルボール賠償訴訟で、20日の札幌高裁判決は「臨場感が野球観戦の本質的要素」としてドームの安全設備に問題はなかったとする一方、野球を知らない観客がいることも考慮し、打球の危険性をより...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)