古都に初夏の訪れを告げる伝統行事「薪御能」が20日、奈良市の興福寺と春日大社で始まった。興福寺の南大門跡では、観世流による「通小町(かよいこまち)」が上演された。かがり火が照らす舞台では、宝生流による...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)