北海道は20日、中国大陸から暖かい空気が流れ込み、オホーツク海側や内陸部を中心に気温が上がった。正午までに遠軽町生田原で31・6度を観測したほか、北見市や津別町でも30度を超え、真夏日になった。旭川市...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)