熊本地震の被災地で建物や宅地の被害調査を行った判定士らによる報告会が19日、愛媛県庁であった。県職員と県技術士会員が活動について振り返り、平時から判定活動への準備を整え、判定士の調整役を養成する必要...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)