エースとは思えない、まさかの大乱調だった。連敗脱出を託された則本昂大が自己最悪の10失点を喫し、今季最短4回で降板。「今日は何も言うことがありません」。厳しい表情で語り、悔しさをかみ殺しながら球場を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)