東北楽天の後藤光尊が地元秋田での試合で、代打出場ながら2安打と気を吐いた。  4点を追う七回、先頭の今江に代わった打席で「流れを変えたかった」と右前打を放ち、銀次の適時打で本塁に生還。九回の第2打席...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)