東北楽天の先発塩見貴洋は七回途中4失点で降板し、チームの連敗を止められなかった。「自分の力のなさです」と肩を落として球場を後にした。  一、二回は三者凡退で上々の立ち上がりだったが、要所を締められな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)