楽天打線が六回まで無得点と振るわない中、後藤光尊(秋田高―川鉄千葉―オリックス)が七回に代打で出場、右前打を放って反撃ののろしを上げた。「流れを変えられればいいと思って打席に立った」と後藤。後続の適...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)