高齢者福祉の在り方を考える愛媛県老人福祉施設大会が16日、松山市道後町2丁目のひめぎんホールであり、社会福祉法人愛川舜寿会(神奈川県)の馬場拓也常務理事(40)が講演し「万人に均一の対応を図るサービ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)