2020年東京五輪招致の不正疑惑で、招致委員会で理事長を務めた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が16日、衆院予算委員会に参考人として出席し、約2億22...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)