4点リードの六回2死無走者から、悪夢のドラマが始まった。東北楽天の先発釜田佳直、横山貴明、浜矢広大の3投手で計7失点の大炎上。打線の奮起で延長戦に持ち込んだものの、最後は松井裕樹が力尽きた。12得点...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)