秋田がbj最後のシーズンを勝利で締めくくった。前日完敗した鬱憤(うっぷん)を晴らすかのような猛攻で、チーム過去最多の122得点。西地区1位の京都を寄せ付けなかった。  立ち上がりから日本代表候補、エ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)