好機を逃さず着実に得点を重ねた平商が粘る若松商を振り切った。  19年ぶりにつかみ取った「春1勝」だ。昨年は春、秋とも届かなかった福島県大会の勝利に平商ナインは満面の笑み。主将の佐藤大悟(3年)は「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)