相馬が会津工との延長12回に及ぶ熱戦を制した。  「絶対に打ってやるから」。相馬の秋元謙伸(3年)はマウンドを託した後輩左腕に宣言していた。延長12回1死二塁で内角低めのカーブを左前に運び、宣言通り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)