15日の西武戦、勝負どころであまりに痛い失投だった。七回、中村の打球がバックスクリーン左へ入るのを見届けると、大谷はマウンド上で両手を膝に置いてがっくりとうなだれた。  六回を終えて球数は既に11...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)