道内ジム所属のボクサーとして初めて日本チャンピオンになった畠山昌人さん(35)が会長を務める「北海道畠山ボクシングジム」(札幌市)が4月から、プロを養成できるようになった。自身は世界挑戦を前に網膜剥...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)