鳥栖は前半終了間際のピンチをGK林の好守などで防ぎ、終わってみれば無失点。シュートがわずか2本と、攻撃面で課題は残ったが、フィッカデンティ監督は「互いにスペースをつぶし合った。その中で、最後まで気持...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)