伊豆の国市の川本翔大選手(19)が13日、リオデジャネイロパラリンピック自転車競技の代表に内定した。伊豆への移住で充実した練習環境を得て、競技歴わずか半年で手にした大舞台への切符。「出るからには金メ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)