宮西の快投がサヨナラ劇を呼び込んだ。  出番は1点ビハインドの九回に訪れた。通算200ホールドまであと一つに迫っているが、ホールドはつかない場面。しかし大切なカード初戦で勝利を諦めない指揮官は、迷...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)