0-0の八回。攻略困難かと思われた西武・菊池が1死満塁で降板した千載一遇の場面、東北楽天の松井稼がベテランらしい仕事をした。  「中途半端なスイングだけはやめよう」。2番手牧田の3球目、外角寄りの変...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)