J1広島は前線3人の連係度が増している。ウタカ、茶島、柴崎で6試合連続先発し、計9得点。13日のホーム柏戦に向け、森保監督は「連係は良くなっている。相手が(ウタカを)つぶしにくる中でも、ボールが回せ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)