国家会計を不正操作して粉飾したとされるブラジルのルセフ大統領に対する弾劾手続きで、上院は11日、首都ブラジリアで本会議を開き、弾劾裁判開始の是非について12日にかけて審議を続けた。上院付近では、弾劾賛...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)