奈良県橿原市の瀬田遺跡で、弥生時代終末期(2世紀ごろ)の前方後円形の円形周溝墓が見つかり、奈良文化財研究所が12日発表した。奈良県の大和盆地東南部には、最古級の前方後円墳・箸墓(桜井市、3世紀半ば)が...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)